海外FX業者の口座凍結問題

海外のFX業者を利用していると、口座が凍結されてしまうというような噂をよく耳にしますが、
実際に凍結されてしまうケースはよくあります。

 

と言っても、利用者に不都合があるような口座凍結ではありません。

 

口座が凍結されるというのは、「利用者が入出金をすることができなくなる状況」のことを指していますが、海外のFX業者の場合は、「長期にわたって使われていない口座だから凍結をした」という理由が多くなっています。

 

使われていない口座というのは、凍結していないと様々なトラブルを引き起こす要因になってしまう危険性があります。
そのため、安全性を鑑みて、口座を凍結しておくというのが海外のFX業者によく見られるポイントになっています。

もちろん、使われていない口座を凍結しているだけなので、サポートセンターに連絡をすると、
すぐに凍結を解除してくれます。

 

口座凍結が多いのは国内業者という現実

実はあまり知られていませんが、国内のFX業者の方が利用者に不便の多い口座凍結が
多くなっています。

 

海外のFX業者の場合は、利用者がトレードをすればするほど利益が上がる仕組みになっているのに対して、国内の業者の場合はトレーダーが利益を上げると損失が膨らむ仕組みになっていることが多いです。

 

そのため、システムに負荷がかかるような取引手法を利用しているトレーダーの口座を凍結して入出金をすることを出来なくするという暴挙に出る業者が存在してしまうということになります。

 

このことから、海外のFX業者も、まともな業者なら日本人にとっても
メリットが大きいということに繋がります。

 

 


このページの先頭へ戻る